通し柱ってご存知ですか?


山形で新築住宅をお考えの皆様

通し柱ってご存知ですか?

2階建て以上の木造建築物で用いられる

土台から軒までの一本柱

のことです。

建築基準法では2階以上の木造建築物では

隅柱をこの通し柱にしなくてはならない

と定められています

一般的な在来工法の住宅では、平均4本

つまり法律で定められている本数しか

使われないことがほとんどです。

クレバリーホームの家ではなんと!

一般在来工法住宅の約2~3倍の通し柱を使っています。

構造上のポイントとなる部分に通し柱をバランス良く配置していくのが

「SPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造」です。



一般的な木造住宅よりはるかに強固に1階、2階部分が連結されます。

そうして家の構造は、地震や台風などの揺れや

屋根にかかる荷重をスムーズに逃がして

高強度・高精度の木造住宅となるのです。

木造在来工法は、伝統的な日本の建築技術も活かしながら進化してきたものです。

しかし今まで通りの家づくりをしているのでは

これから起きる、予想もつかない災害には

対応できないかもしれません。

クレバリーホームの家は

最新の研究結果を現実的に活かした

信頼していただける部材、技術で建てられています。

近頃、再び地震が頻発してます。

山形でお住まいの新築をお考えの皆様
安心してお住まいいただける
クレバリーホームの家を
どうか一度、ご見学にお越しください。